昨夜は「天然温泉 延羽の湯」でのんびりと...

日本神話の英雄、日本武尊。 異郷の地で生涯を終え、彼は白鳥に姿を変えて故郷へと飛び立った。 その白鳥が最後に目撃された地が「羽曳野」。 羽を曳くように(引きずるように)飛び去ったという白鳥の姿が、地名の由来。 ~延羽の湯パンフレットより

今回は日本武尊の墓といわれる白鳥稜には行かないが、羽曳野の地のやはり代表的な存在だと思う。 しっかりと本でも読んでから出直したい。

それにしてもいい風呂だったなぁ

               *

翌 早朝6時 御所市・極楽寺

南大阪への旅といいながら、166号線で奈良に来てみた

前回に来たときは、あいにくの天気だったので、残念な思いをしたところ

吉野町方面の山々から昇る太陽、その幻想的なドラマをどうしても見たい

  

御所・極楽寺の朝焼け①

遮るものが何もない、ベストのスポットで舞台の始まりを見た。 星がひとつ、お気に入りの一枚だ。

 

御所・極楽寺の朝焼け②

御所市内から明日香のあたりを望む

 

御所・極楽寺の朝焼け③

屏風絵のような一枚が撮れた。

 

御所・極楽寺の朝焼け④

山のすぐ上にぶ厚い雲、真上はすでにしっかりと照らされている。 

 

御所・極楽寺の朝焼け⑤

この光景は、太古の時代と変わっていないはず、きっと葛城の神々も見たに違いない 

 

御所・極楽寺の朝焼け⑥

毎日のことなのに、改めてじっくりと日の出を眺めると、なぜか明日もまた太陽は昇ってくるかな? なんて不安さえも感じる。 長年平和ボケの我々には、あたりまえになってしまっている気がする、明日が今日と変わりないってことが... 

                 *

今回から県をまたぐ旅の場合は、メインの場所にタイトル、またカテゴリーは順ずることにした。 大阪・羽曳野・八尾の旅で、奈良の朝焼けの紹介もご愛嬌とさせてください

 

          平成23年1月18日 太陽参拝

 

Comments

    • Sports Injuries's comment
    • 2016年02月26日 06:10
    • 4 I used to be suggested this blog by my cousin. I am no longer certain whether or not this post is written through him as nobody else know such designated about my
      problem. You're incredible! Thanks!
    • xem phim sex's comment
    • 2017年09月19日 04:59
    • 備前・和気・虫明 その③ 備前焼の神社『伊部天津神社』後

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新記事(画像付)
  • ライブドアブログ