壺井八幡宮

源氏ゆかりの場所といえば、初代の源経基を祀る「京都・六孫王社」、源満仲が源氏武士団を形成した地「摂津・多田神社」、そして源頼信が香炉峰*の館を建て、河内源氏の本拠地とした地「河内・壺井宮」。 俗に言う「源氏三社」だ。 *香炉峰は地名で今の壺井のこと。

●以前の訪問記 ≫源氏発祥の地 『多田神社』 ≫日本一の唐椿~清和源氏発祥の地 『多田神社その②』 

 

壺井八幡宮①

駐車場からすぐ見える急な石段を、幼稚園の子供達が走り上がっている。 それも何周もだから驚いた。 ちょうど先生がいらっしゃったので、聞いてみたところ、冬の間は毎朝行っているとのこと。 きっと立派なアスリートに育つだろうな。 さすが源氏の末裔だ。

石段を登ると、いきなり目を見張る巨木のクスノキに出会う。

 

壺井八幡宮③

 

 壺井八幡宮④

樹齢は千年を超えるという

 

壺井八幡宮⑤

清らかな水の手水舎

 

壺井八幡宮⑥

壺井権現社 御祭神は、源 頼信公・源 頼義公・源 義家公(八幡太郎)

 

 壺井八幡宮②

≫前九年の役とは ≫石清水の神とは


壺井八幡宮⑦

壺井権現社の狛犬もやはり、玉持ちと子持ち。 

 

壺井八幡宮⑧

壺井八幡宮は門が閉まっていて、中には入れず、参拝はこの場所から。 御祭神は、誉田別尊(応神天皇)・仲哀天皇・神功皇后

 

壺井八幡宮⑨

少し石垣に登って、本殿を眺めてみた。 

前回紹介した、飛鳥戸神社も明治時代から昭和の27年(1952年)までの間この壺井八幡宮に合祀されていた。 かつてはこの南側に河内源氏の氏寺「通法寺」があったが、今はその跡だけとなっているらしい。≫通法寺  ちなみに宮司の高木氏は、八幡太郎義家の六男の陸奥六郎義時の子孫だという。

 

               平成23年1月18日 参拝

 

 

Comments

    • xem phim sex's comment
    • 2017年09月19日 04:59
    • 備前・和気・虫明 その③ 備前焼の神社『伊部天津神社』後

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新記事(画像付)
  • ライブドアブログ