弘法大師 そう空海さんも亀岡に

中国から帰国の折に港から「密教の教えを広めるのにふさわしいところへ飛んでいけ」と手にした独鈷(とっこ・宗教行事に使う両端のと がった短い棒)を日本の方に投げられました。帰国後春日大社にてお祈りをしていると春日明神が現れ、「唐で投げた独鈷は、丹波国山内庄に止 まっている。急いで行って千手観音を造立せよ、私が道を教えよう」とのお告げがあり、お告げに従い丹波へ行くと白鹿が先に立って山の谷入っていきました。 独鈷は松の枝に掛かって光を放っていました。空海は早速千手観音を彫り安置しました。それ以来この寺は独狐投山千手寺と呼ばれ、白鹿が案内したことからこ の地を鹿谷と呼ばれたそうです。(稗田野町鹿谷)

ただごとではない伝説を知って心は千手寺に数日前からあった。 今回の亀岡入りはここ千手寺をはじめ、元伏見稲荷、元天満宮と好奇心が膨らみすぎて破裂しそうである。 

千手寺①

前回6月の時にも参った、癌封じの薭田野神社 (ひえだのじんじゃ)に参拝し、車を山手に走らせる。 国道周辺からは目印や案内板などはあまり見かけなかった。 

 

千手寺②

途中このようなブナや竹林の中を登る、鳥たちが集まるのかバードウォッチングの一行とすれ違う。 ほどなく日陰から日当たりの良い場所に出る。 見 事な石段と山門が見えるなんとも穏やかな場所(空き地のよう)に車を置いて、一歩外に出ると「なんともいえない心地よさ」を感じた、まさにかつて訪問した 高野山と同じ感触。 

 

千手寺②

独鈷抛山 千手寺(とこなげさん せんじゅじ)  山門へ続く美しい石段。 聞こえるのは鳥の声だけ。

 

千手寺③

石段ともみじ 

 

千手寺④

山門 

 

千手寺⑤

 ↑写真をクリックして拡大してご覧下さい

 

千手寺⑥

本堂と大銀杏

 

 

千手寺⑦

ここに湧き出る水を「お香水」といい、目の病に効くと伝えられています。
 

千手寺⑧

石段から見える亀岡市街 

 

千手寺⑨

石段の中腹あたりに咲いていた小さな白い花。 お気に入りの一枚です。

 

伝説のインパクトで掴みはOKな千手寺ですが、ほんとに素敵な場所です。 この日は他の参拝者もいなくて、貸しきり状態。 境内では、蝉は鳴いてお らず、山際から湧き出す水のはじける音と、鳥たちのさえずりのみの世界。 しっかりと掃除された境内そして石段に、千手寺に関わる人たちの心意気が現れて います。 疲れたときや悲しいときに行きたくなる場所になりそうです。 

「来てよかった~」

 

                     平成22年7月19日 参拝 晴れ

 

 

Comments

    • canine costume medium's comment
    • 2014年10月26日 04:51
    • 3 My brother recommended I may like this blog. He was once totally right.
      This put up truly made my day. You can not believe simply how a lot time I had spent for this info!
      Thanks!
    • xem phim sex's comment
    • 2017年09月19日 04:30
    • 月の京都 驚きの亀岡 その④ ~鯉は食べない、鯉のぼり
    • Bali Tours's comment
    • 2018年06月05日 17:53
    • 3 Top on-line Bali Tour for your holiday in Bali Islands, Bali Adventure Tour with Professional Bali Tours

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新記事(画像付)
  • ライブドアブログ