朝 歩く。

高尾三山の紅葉を見るために、日の出前に高山寺の市営駐車場入り。 夜がうっすらと明けてくるまで車の中で待機する。 この日(11/15)は車の移動はなく、ただ歩く。

 

清滝へ

 

高山寺駐車場から周山街道(国道162号線)を南へ、右折して神護寺、西明寺へのアプローチに入る。 目印の大きな屋敷は夜もご覧のように美しい。 

 

清滝へ2

 

神護寺、西明寺の参道口を過ぎて高雄観光ホテルあたり。 手前に川床のテーブルが並んでいる。  

 

清滝へ3

 

橋の上から進行方向を見る。  

 

清滝へ4

 

道は清滝川を併走する。 

 

清滝へ5

 

東海自然歩道(とうかいしぜんほどう)は、東京都八王子市の「明治の森高尾国定公園」から大阪府箕面市の「明治の森箕面国定公園」までの11都府県約90市町村にまたがる長さ1,697kmの長距離自然歩道である。 ~wikipedia 

 

清滝へ6

 

左手に見事な石積みが現れる。 嵯峨野、嵐山に攻め入る敵を防ぐための砦か山城の跡だろうか?

 

清滝へ7

 

続いて水道橋(導水路)。 写真はないけれど、ここから少し戻ったところにダムがあった。 地図で見たら感電の清滝発電所とあった。  ≫清滝発電所 

 

清滝へ8

 

いやぁ、なんか舞台セットのような北山杉の通路。 

 

清滝へ9

 

左岸から右岸に渡る。 橋はコンクリート製 

 

清滝へ10

 

渓谷美

 

清滝へ22

 

清滝へ23

 

こんな美しい滝もある 

 

清滝へ11

 

川の流れがいつのころからか変わったのだろうか、橋が右岸からさらに右側の山手に掛かっている。 しばし山肌を縫うように前進する。 

 

清滝へ12

 

急な坂道を上れば車道に出る。 ここで東海自然歩道に加え、「丹波散策の道」という道標も現れた。 ≫丹波散策の道 ≫月輪寺

 

清滝へ14

 

清滝の金鈴橋に着いた。 

 

清滝へ15

 

金鈴橋から清滝川下流の方角を見る。 一般に清滝を境に下流の保津川までは金鈴峡(きんれいきょう)と呼ばれている。 やはりまだ紅葉していないが美しい眺めには違いない。

 

清滝へ13

 

隣の集落「落合」に向けての自然道を少し進んでみることにした。 この看板の脇から川岸の遊歩道に降りることができる。

 

清滝へ16

 

わくわくする導入部分だ 

 

清滝へ17

 

ほどなく現れた句碑は与謝野晶子さんのもの。 「ほととぎす 嵯峨へは一里 京へ三里 水の清滝 夜の明けやすき」 彼女が少女の頃、母と共にここを訪れ一夜をすごしたときの情景を詠んでいる。 ≫解説 

 

清滝へ19

 

清滝へ20

 

清滝へ18

 

次は松尾芭蕉先生だ。 「清滝や 波に散り込む 青松葉」  ≫解説

 

清滝へ21

 

この句は芭蕉先生最後の句で、死の3日前に詠まれたとされている。 亡くなったのが元禄7年(1694)10月12日だから10月9日に清滝に居られたということになる。  

 

               平成23年11月15日 早朝

Comments

    • phim sex's comment
    • 2017年09月16日 06:32
    • そうこうしているうちに、プロの専門業者さんに原因を特定してもらおうという思いつきからGoogleで検索したところ、水トラブル専門の比較サイトがあったので、複数ある会社の中から検討し、お問い合わせしようかと思います
    • مدیریت برند's comment
    • 2018年01月17日 06:28
    • この度は、曼殊院門跡内の拝観はせず、次に目的地「宝ヶ池」を目指す。 まぁ時間が早
    • شخصیت برند چیست's comment
    • 2018年01月17日 08:30
    • この度は、曼殊院門跡内の拝観はせず、次に目的地「宝ヶ池」を目指す。 まぁ時間が早
    • ارزش ویژه برند's comment
    • 2018年01月17日 08:34
    • この度は、曼殊院門跡内の拝観はせず、次に目的地「宝ヶ池」を目指す。 まぁ時間が早
    • هویت برند چیست's comment
    • 2018年01月17日 08:42
    • この度は、曼殊院門跡内の拝観はせず、次に目的地「宝ヶ池」を目指す。 まぁ時間が早

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新記事(画像付)
  • ライブドアブログ