二上山(にじょうざん)かつては「ふたかみやま」と呼ばれ

古来より、雄岳・雌岳の間に日が沈む様子から

神聖な山岳として、人々から崇められてきた。

飛鳥の国から見た二上山の向こうは黄泉の国とされ

聖徳太子、推古天皇はじめ数々の墓や古墳がある

まことに歴史多く、ドラマチックなエリアなのだ

              *

その二上山の夕日を見たくてこの旅を計画した

また、この山の南側を日本最古の官道「竹内街道」が西に伸びる

竹内街道は仁徳天皇陵を始めとする百舌鳥古墳群

羽曳野市や藤井寺市にある古市古墳群と飛鳥を結ぶ重要な道だった

御所市役所で立派なガイドMAPを入手、そのまま役所ロビーで計画を練る

で、ガイドMAPにもあった二上山夕日を、撮影名所でもある千股池で見ることに決定。

               *

あいにくこの日は朝から雨が降ったりやんだり

夕方になり雨は上がったが黒い大きな雲が空を覆っている

千股池でのんびり読書をしながら時を待った

ここで、本来なら見れたはずの美しい夕日が見れるサイトを紹介しておく

≫千股池2009.9.18(和尚の大和路)    

                *

完全に日没する寸前に雲が晴れた

半ば、諦めていたのだが、あわてて車から出て強い風の中の数枚を...

二上山①

春分、秋分は雄岳、雌岳の間に日が落ちるという。 あの山の向こうは太子町。 それで、実質この場所は葛城市。

 

二上山②

オレンジの空もわずかだが見れた。

 

二上山③

山のシルエットに、連なるライトは国道165号(大阪市~津市)。 途中桜井市初瀬からは「初瀬街道」と呼ばれる。 かの天武天皇が壬申の乱のときに通った道とされている。

                 *

すごく冷えてきたので先ずは銭湯

御所市大橋通3丁目にある「戎湯」、夜は真っ暗な御所駅の東側の住宅街にある。 それも入り組んだアーケード内。 見つけにくい場所だ。 

 

戎湯①

 

戎湯②

泉質は「東洋ミネラル科学研究所の鉱石を使用」とある

 

戎湯③

湯はほんとにポカポカと温まるものでした。 清潔感もあり★五つの銭湯です。 ≫戎湯

 

 

                    平成22年11月1日 夜

Comments

    • xem phim sex's comment
    • 2017年09月19日 04:37
    • の奈良 神と人の間の葛城 その⑦~葛城王朝ここにあ

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新記事(画像付)
  • ライブドアブログ