壷阪寺137

 

圧巻の大石堂へはこの階段を下りて門を右へだった、帰路は左に出て進んでいくことになる。  

 

壷阪寺157

 

左に出ると広い舞台のようになっていてベンチが置かれ、建屋があるが詳細は不明。  

 

壷阪寺157

 

この小さな三つの祠は只今問い合わせ中にて、判明し次第追記することに。 

 

壷阪寺158

 

龍?宮 竜神様をおまつりされているのだろうが、情報が少ない。

 

壷阪寺162

 

祠の前で手を合わせようとしたら、格子の間から太陽の光が差し込んできれいだった。 見たときほどには写真で表現できてないけど...

 

壷阪寺159

 

壷阪寺160

 

壷阪寺161

 

わずか数段の石段に並べられていた。 なんて愛くるしい石像なんだろうか、心を奪われてしまった

 

               *

 

少し前の奥明日香の旅で紹介した稲淵と栢森の綱掛神事」で、手に負えず干天が続く時は壺阪寺の院主が出向いて祈祷するのが常であったという。 それほどに壷阪寺のあるじは霊力が強かったということなんだろう。 

 

               *

 

このあとは壷阪茶屋にて、体を冷やし、甘酒を頂いてしばし休息を。 以前あった夏の花火大会の写真も飾ってあり、のんびりさせていただいた。 参考≫壺阪寺萬燈会2008・花火大会 ≫壺阪寺萬燈会2008・花火大会②

聞くところによると、今はもう夏の壺阪寺萬燈会では花火は打ちあがらないとのこと。 コンサートは今も継続されているようだ。 壺阪寺イベント情報≫澤市開眼350年記念・東日本大震災復興チャリティーコンサート 

とにかく一つの寺でこれだけの写真を撮ったのは初めてのこと。 ひさびさに子供のときのように歩き回った気がする。 人に話したくなる寺だと思った。

「寺は壷阪、笠置、法輪」 と枕草子に歌われた

笠置は参ったので、あとは法輪ということだな    参照≫笠置寺前編 中編 後編

 

             平成23年8月9日 参拝

 

Comments

    • Sausalito Ferry Schedule's comment
    • 2016年12月05日 16:54
    • You really make it seem so easy with your presentation but I find this matter to be actually something that I think I would never understand. It seems too complicated and extremely broad for me. I'm looking forward for your next post, I will try to get the hang of it!|
    • ananya's comment
    • 2018年07月23日 13:29
    • Excellent post,I am genuinely thankful to the owner of this website Its Excellent post. Awesome article, Waiting for your next post

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新記事(画像付)
  • ライブドアブログ