これは先月26日のおはなし

光明寺で太平の世を彷徨ったあと
山を見ながら帰ろうと

西脇から篠山へと向う道
わき道にそれてみた

しばらくいくと
前を行く軽トラが時速20k走行
もちろん抜き去って先へ進む

だけど、それが最後の車でした

わき道のさらにわき道の
畑谷川沿いの農道
紅葉の木々が両サイドを演出する
なんてすばらしき世界なんでしょうか
音を出してるのはピエールだけのような気がする
まさに黒澤&S・スピルバーグ合作の『夢』の世界だ!


木造橋


そこにはこんな
手造りの木の橋が...

これって
私有橋??

実はこの少し先に
手造りの川床もありました
いい暮らししてるかも...
ここの人たち



そして峠にさしかかり
神秘的な場所


『濫觴(らんしょう)公園』


なるものに出会う


濫觴公園


山の水が流れ出す
「源流の地」だそうです

流れの源、ここに降る雨が
すべての恵の水の後押しをするんだ

濫觴とは、事象、物事の発端、起源、始まり。
「濫」は「溢れる」(河川の氾濫等)の意、
「觴」は「盃」の意。


どんな大河も源流を遡れば
盃から溢れる程度の
ほんのわずかな水に端を発しているということだろう

どこにでもあるにせよ
このような場所に出会えたのは
ちょっとしびれた瞬間でした
車を降りて
差し注ぐ西日を感じながら
大きく深呼吸をして帰路につきました

 

Comments

    • Buy Google Traffic's comment
    • 2017年09月15日 04:00
    • 5 すばらしい写真やコメントをありがとう。 私はあなたの国が本当に好きです。

      親切な思いやりとソーヤ・デ・ブリーズ
    • xem phim sex's comment
    • 2017年09月19日 01:56
    • がとう。 私はあなたの国が本当に好きです。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
最新記事(画像付)
  • ライブドアブログ